【失敗談】ブログの記事で書くと大変な事になるコトとは。

この記事は実際に僕が経験した失敗談です。

 

この間、突然このブログで利用しているエックスサーバーからメールが来ました。

 

ま~いつものキャンペーン告知か利用料金の支払いの案内かとおもい思ってました。

 

メールのタイトルを確認すると『侵害情報の通知書 兼 配信防止措置について』というタイトル。

 

???

 

侵害情報の通知書 兼 配信防止措置について

 

メールの内容を確認すると以下です。

平素は弊社サービスをご利用くださいまして誠にありがとうございます。
エックスサーバー株式会社 法務担当でございます。

 

お客様が弊社サーバーにて公開中のサイトに掲載中の情報において、
侵害情報が掲載されているとの指摘が、弊社へ寄せられました。

つきましては、下記添付の「侵害情報の通知書 兼 送信防止措置に関する照会書」をご確認のうえ、本通知のご到着より7日以内に「■ご回答ください」に必要事項をご記入いただき、当社までご返信くださいますようお願いいたします。

(メール本文より)

 

法務担当?

7日以内にって!(この時点で少しビックリしてます。)

内容をさらに確認します。

     侵害情報の通知書 兼 送信防止措置に関する照会書

お客様が発信した侵害情報の流通により、権利が侵害されたとの侵害情報ならびに送信防止措置を講じるよう申し出を受けましたので、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(平成13年法律第137号)第3条第2項第2号に基づき、送信防止措置を講じることに同意されるかを照会します。

つきましては、回答をご返信ください。

なお、本ご案内より7日を経過してもお客様から送信防止措置を講じることに
同意しない旨の申出がない場合、弊社はただちに送信防止措置として、下記情報をアップロードしているサーバーを凍結する場合があることを申し添えます。
また、別途弊社契約約款に基づく措置をとらせていただく場合もありますので、ご了承ください。

尚、お客様が自主的に当該侵害情報を削除するなど送信防止措置を講じていただくことについては、差し支えありません。

(メール本文より)

 

サーバー凍結!

それは困る!!

内容確認

 

しかし、ここまでメールを読んで自分が何かやらかしたのは理解できたけど、どの記事のどういった内容が原因なのかが解らない。

■侵害情報について

掲載されている場所:
https://oosaka-hideout.com/head-hunting-experience/

掲載されている情報:
「キーネットワーク」「○○(個人名)」「レイス」「□□(個人名)」「そんな電話がかかってきたら『アホちゃうか!』と笑ってスルーしちゃってください。」

侵害されたとする権利:
名誉毀損、信用毀損、偽計業務妨害、プライバシー権

侵害されたとする理由:
当該サイト内には、当社のサービスを実際にご利用された
まえだけいすけ様という方の体験談が書かれております。まずは
当社サービスをご利用いただいたことに御礼申し上げます。
その節はご多忙の中、当社のサービスにお時間を割いていただき
誠にありがとうございます。まえだけいすけ様の当社に対する
感想につきましては、否定や反論をするつもりはございません。頂いた
貴重なご意見は真摯に受け止め、社員一丸となって今後改善を図っていく
所存でございます。しかしながら当該サイトには、「○○(個人名)」「□□(個人名)」といった
当社に在籍する社員の名前が掲載されております。名字と会社名で
個人が特定できてしまう昨今において、当該サイト内の表記は
プライバシーな情報と言えます。○○・□□の両名からもインターネット上に
自身の名前が記載されることによる精神的苦痛の声も挙がっており、
当社としても看過できない状態です。
当社都合で恐れ入りますが、当該サイトを非表示にして頂けませんでしょうか。
勝手なお願いであることは重々承知しておりますが、どうかお願い致します。
何卒ご検討の程よろしくお願い致します。

 

(メール本文より。個人名は編集しています。)

ここで原因と理由がハッキリしました。

反省

 

確かに、苗字だけとはいえ怒りのままに実名をそのまま記載したのはまずかった。

 

おっしゃる通り。

 

企業名と苗字で個人を特定できる今の時代に配慮が足りませんでした。

 

申し訳ございません。速攻で記事の修正をさせていただきます。

 

対応

「○○(個人名)」「□□(個人名)」の部分に関しましては表記を別の苗字でカタカナ表記+(仮名)と修正しました。

 

「そんな電話がかかってきたら『アホちゃうか!』と笑ってスルーしちゃってください。」の部分は確かに誤解を招く表現だったので浮かれている自分に『アホちゃうか!』と笑ってスルーと変更させていただきました。

 

ただ、今回のこの記事の特性上どうしても企業名は修正できませんでした。企業名まで伏せてしまったら全く意味が通じない記事(役に立たない記事)になっちゃいます。

 

それらの対応をした上でエックスサーバーの法務担当さんに電話連絡しました。

 

今回の経緯を確認して配信停止記事の削除には応じれないコトと企業名は修正できないと言うコト、個人名に関しては修正するコトを伝えて相手側に今後なにか要望が有れば直接連絡して貰えるようにお願いしました。

 

念のため、7日以内の返答の内容もメールで返信しておきました。

 

記事の修正完了の報告メールも送りました。

 

その後

 

相手側からもエックスサーバーからも何の連絡もございません。

 

ブログ自体も何の変化もございません。

 

ただ、改めて配信停止依頼の理由を読み返すと納得いきません。

 

自分(企業)がやったコトに対して意見を言われて「偽計業務妨害」「精神的苦痛の声」ってどの口が言ってるの?っていうのが正直な気持ちです。

 

あ~。なんかこの辺のコトだけで3記事くらい書けそうです(笑)

 

まとめ

 

大変な思いをしました。

 

メールの内容を熟読して。

 

どのように対応すれば良いかエックスサーバーに問い合わせて、対応しました。

 

さらにエックスサーバーに対応完了の報告メールを入れて相手側の反応を確認する・・・。

相手側からの返答(反応)はナシ。

 

改めて考えるとめちゃくちゃ無駄な時間を使ってしまった。

 

なのでブログの記事で誰かの名前を書く時は『○○○(仮名)』と表記するのがベターです。

 

ただ一つだけ例外があります。

 

記事に名前を書かれたヒトが得する場合はどんどん実名を出してあげましょう。

例えば自分が利用してよかったと思ったサービスの提供者とかお気に入りの商品を作っている製作者の方とかのお名前はキッチリ出して正しくおススメしていくべきです。