仕事の元同僚「りょーた」の収益化ブログの種

「タネのヒト」2人目は今、一緒に仕事していた「りょーた」です。

装飾大工の同僚『りょーた』

まだギリギリ20代やねんけどしっかりしとって頼れるヤツですねん。

仕事で少々トラブルがあっても冷静に対応しちゃうんですよこれが。

本人に言わせると「焦ってもしょうがないやん?出来ない事は出来ないんやから、今出来ることやろう。」となるのよ

『りょーた』はパチスロがめちゃ強

仕事の休憩時間によくこんな話してました。

りょーた:「昨日、仕事の帰りにスロット行って8万円勝ちましたわ(笑)」

僕:「おまえ、一昨日も勝ったって言うてなかったか?]

りょーた:「うん。10万ほど勝ちましたよ。」

僕:「パチンコでもスロットでも勝てる気全然せんけど、よ~勝てるなぁ?」

りょーた:「店選びとその店の傾向が分かれば勝つのなんて簡単っすよ~。」

それが分かれば誰も苦労せんって(苦笑)

でもコイツ、なんやかんや言うて毎月2~30万は勝っとるなぁ。

それなりに負けてる日もあるやろうけど財布の中にいつも20万くらい入れ取るわ。

『りょーた』がパチスロに強い理由

そんなりょーたにちょくちょく店選びのコツとかスロット台選びの基準とか色々聞いてると強い理由がよくわかりますわ。

まず、基本的に打つのはパチスロ。

彼いわく「パチンコは運の要素が強すぎる。パチスロは確率の問題やからコンスタントに勝ちたければ絶対にパチスロ!」だそうです。

よくよく聞けば打つ店選びに1週間以上かけてその店の出し方とかを把握したり、毎回データをとって検証したりしてるから当然、勝つ確率も上がってるわけですわ。

パチスロファンブログの記事の内容

パチスロで収益化ブログ(ファンブログ)ができるのか?

できますよ!!

特に今回の【タネのヒト】りょーたみたいに毎回の立ち回りが理詰めやと記事にもしやすいし記事の量産も簡単。

最初に『自分が選んでいる店はココを見て決定した。』なんて記事やったら通ってる店の数だけ記事にできるし、
毎回の立ち回りも『データを見てこう解釈してこう立ち回ってどの台でいくら投資して何枚コイン出した。』みたいな記事は毎回書けるから行った日は必ず1記事増えていく。

収益化1:大きな収入は見込めないけどとりあえずアドセンス

記事が増えてブログのPV数が増えてきたら取り合えずアドセンスを導入します。

ギャンブル系のブログでも公的なギャンブルであればアドセンスの申請はとおります。

正直、パチスロでアドセンス収入は少ししか見込めないけど「チリも積もれば」的な考えで導入しておきます。

手間も1回ブログに導入してしまえば終わりやしね。

収益化2:パチスロ収入で購入した物の紹介(物販アフィリエイト)

パチスロのファンブログで物販となると難しいかもしれんけどファンブログはなにもパチスロの記事しか書いたらアカン訳じゃない。

むしろ7:3くらいの割合でパチスロのコト(7割)他のプライベートなコト(3割)で書いた方がブログを見てもらいやすくなるから3割の記事でパチスロで勝ったお金で買ったものの紹介をしながら物販アフィリエイトができる。

実際、ブログを読んでくれてる人たちも同じ趣味(好きなこと=パチスロ)やから自分が買ったものがひびく可能性は十分に高いと推測はできますよね。

収益化3:メールマガジンの配布によるさまざまなアプローチ。

さらに店選びのチェックリストや台選びのチェックリストをPDFでつくって、配布するときにメールアドレスを登録してもらえばメールマガジンの読者を獲得できるから自分サイドからのアプローチの幅が一気に増えてくる。

『メルマガ読者の数=見込み客の数』になってくるからもうこれだけでも集客できてる状況が作れる。

まとめ

ギャンブル系の趣味でもファンブログを作ることで収益化は十分に可能です。当然、パチスロを打ちに行けばそれが記事になってブログの内容も濃くなって人の役に立つ情報のブログになっていきます。何よりメールリストの取得が容易にできるので後々の収益化の幅が広がるジャンルですよね。